高すぎる一戸建て査定価格をつける不動産会社には注意?

 

高すぎる一戸建て査定価格をつける不動産会社には注意?

 

一戸建てを売却しようとする場合は買い手を自分で探すことも可能ですが、一般的には不動産会社を利用します。不動産会社は1社に依頼する方法もありますが、競争原理が働かないために査定が高く出される傾向にあります。なるべく高い査定を引き出すためには、複数の不動産会社に依頼するのが一般的です。

 

一戸建ての査定は敷地建物の面積や構造、建築後の経過年数などの客観的な要素については基準が定まっているため、各社の間でさほどの差は出ません。物件が属する地域の環境や暮らしやすさ、建物の維持管理の状態など、査定する人の主観で判断される要素に関しては差が出ることもあります。その場合でも極端に差が出ないのが一般的な傾向です。

 

極端に高い査定をしてくる不動産会社には注意が必要です。元々、不動産の売買価格は売主と買主の合意により定まります。査定は仲介を業務とする不動産会社が、取引の円滑化のために妥当と思われる金額を売主と買主に提示するためのものです。買主は不動産会社が出してきた金額で売らなければない訳ではありません。

 

査定金額は複数の不動産に依頼した場合、最終的に仲介を依頼する会社を決めることを目的として行われます。そのため、仲介業務を獲得したい不動産会社の中には、高すぎる価格を提示して、とりあえず仲介業務を受注しようとする思惑のある業者が出てくる場合があります。そのような業者は、今現在高値で買ってくれる買主を確保しているわけではないことがほとんどです。

 

そのような業者に仲介を依頼すると、結局その値段では買い手が見つからずに、いたずらに時間を無駄にしてしまう可能性があります。高すぎる価格をつける不動産会社には注意が必要で、できればその時点で避けた方が無難です。

 

正式に依頼する不動産会社を選ぶためには、価格面での競争だけでなく、今後トラブル無く取引を行ってくれるかどうかの判断も大切です。業者を探す方法は選択肢が広がり、ネットの査定サイトを利用する手段もあるので、急がずに信頼できる業者を探したいものです。