住宅ローン支払いが苦しくて一戸建てを売る際の注意点

 

住宅ローン支払いが苦しくて一戸建てを売る際の注意点

 

多くの人は、一戸建てを購入するときに一括で購入する方はほとんどの場合少なく、大概は20年から30年ぐらいの長期ローンを組んでいるケースが多いです。しかし、長期間の住宅ローンを支払っているときに失業や病気、転勤、離婚等でローンを支払うのが難しくなることもあります。

 

その場合、ローンの支払い途中で一戸建てを売却する方法もあります。ローンが完済されていない不動産も売却時に残りのローンを全額返済すれば、売ることは可能です。ここでローンが残っている一戸建てを売るときの注意点ですが、残りのローンを一括で全額支払いすることができる現金を用意できるかどうかです。

 

ほとんどの方が、売却したときのお金で残っていたローンを一括返済する形をとります。しかし、一戸建ては築年数などで購入した時よりも相場が大幅に下がっていて、売却したお金だけでは残りのローンが全額返済できない可能性もあります。木造の建物の場合は、建ててから20年以上経過すると建物自体の価値は0になります。売るときの築年数や立地条件によっては、購入した時の半分以下になっているケースも珍しくないです。売却金だけではローンが返済できない場合は、手持ちのお金で不足分を補うしかありません。

 

しかし、もともと住宅ローンの支払いが苦しくなったために一戸建てを売る場合は、不足分を補えるような余分なお金がないケースがほとんどです。不足分が補うための方法としては、買い替え先の住宅ローンを多めに借りたり、生命保険や株を解約するなどがあります。
それ以外には、銀行で200万円程度のフリーローンを利用する方法もあります。一戸建ての資産価値によっては、借金をしないと売却することができないケースも出てきます。一戸建てを売却する場合は、ローンの残額と売却予定金額について事前に調べてから、決断したほうがよいです。

 

借金しなくてもローンが残っている不動産を売る方法としては、任意売却という方法もありますが、債権者の銀行の同意が必要となってきます。