一戸建てを売る際の「両手仲介」って何?

 

一戸建てを売る際の「両手仲介」って何?

 

一戸建て住宅に住んでいいる方が、使わなくなったことをきっかけにして住宅を売ることを決める場面が見られます。自動車などとは異なって、簡単に売却を進めることが難しい不動産になることから、通常では不動産会社に依頼を行った上で売る方法を見つけることになります。不動産会社の中には買取りを行っており、見積もり額に応じて現金にて支払いを行う方法もありますが、一般的には仲介業務を依頼する方法になり、媒介契約を結ぶ方法が広く行われています。

 

この時点では1社のみに仲介を依頼する方法ですが、実際には売ることを決めた一戸建て住宅の情報は広く開示されることになるので、複数の不動産会社が仲介業務を担うことも一般的に行われている方法です。一戸建てを売る際に両手仲介という言葉を耳にする方も多くいます。両手仲介とは媒介契約を結んだ不動産会社が実際に購入者を見つけて売却を行った際に使われる言葉になります。

 

その意味に関しては、不動産の売買に関しては、常に仲介手数料というものが発生しています。上限などが設けられている内容ですが、一戸建て住宅の場合では高額になることも多く、各不動産会社にとっては大きな収入源になります。両手仲介を行った場合では、一戸建ての所有者から得ることのできる仲介手数料と、購入者から得られる仲介手数料の両方を得ることができるので、不動産会社にとっては大きく利益を確保できる方法になります。

 

一方で依頼をした不動産会社ではなく、他社から購入者が現れた場合では、一戸建ての所有者は依頼した不動産会社に仲介手数料を支払って、購入者は利用した不動産会社に仲介手数料を支払う方法になり、得ることのできる手数料は半分になることが一般的です。

 

両手仲介でも大きな問題が生じないことも多いものですが、不動産会社によっては十分な宣伝などを行わずにできるだけ隠しながら販売をしてしまう可能性、売却する価格を大きく下げてしまう可能性があるので、事前にチェックを行うことがおすすめの内容です。