一戸建て住宅を売る際には不動産会社を通じて売却を行うことが一般的に行われています。

 

一戸建てを売る時に不動産会社のこんな担当者には注意!

 

不動産会社では一戸建て住宅の購入を考えている方を広く募ることになり、その仲介業務を行っていることも基本です。不動産会社として営業を行っている会社は多数存在しているものですが、担当者によって明暗が分かれてしまうこともあるので利用者側は注意が必要です。

 

不動産会社の担当者で注意したいような内容では、見積もり額を算定する際に、しっかりと一戸建て住宅をチェックしていないケースも見られます。

 

この状態であればアピールできるポイントなども把握されることなく、勝手に売却額を決められてしまう可能性もあるので、注意が必要になります。また、媒介契約の内容によって違いが生じていますが、不動産会社に依頼した際には、定期的な連絡を行うことも大切な内容です。たとえ購入者が現れないとしても経過報告などを行うことが基本になることから、連絡をしっかりと行ってこない担当者であれば問題があると考えることもできます。

 

担当者の態度や見た目そのものも大きく影響する場合もあります。誠実さが見られずに、一生懸命働いているように見えない場合では注意が必要になり、他の担当者へと変えてもらう方法や、不動産会社そのものを変えることも視野に入れることが必要です。売り出し価格についてもトラブルに発展してしまう可能性があります。あまりに安い価格で販売しようとしている担当者であれば、自社の利益しか考えていないと判断することもでき、注意しなければならない部分になります。

 

一般的には一戸建て住宅を売る際には必ず事前に購入希望者が内覧を行うことになります。その際には所有者へと速やかに連絡が来ることも通常の方法ですが、その連絡自体も急な電話で済まされてしまったり、当日になってから連絡が来るようであれば、スケジュール管理をしっかりと行っていないと判断することもでき、能力の高い担当者に変更することを考えることも一つの解決策です。