一戸建ては不動産オークションで売ることもできる?

 

一戸建ては不動産オークションで売ることもできる?

 

不動産オークションでは、物件の情報をインターネット上に公開することで売りに出しておき最も高い金額で入札価格を出した人が購入することができるということを特徴とします。オークションは簡単にいえば民間で行っている競売市場といえます。
 一戸建て住宅を不動産オークションで売ることができるかどうかについてですが、結論から書くとできます。

 

 やり方としては、最初に出展を希望するオークション会社の選定を行います。次に、出展する物件を選びます。オークションに出す物件を元に不動産オークション会社が査定して最低売却価格を設定します。 それから入札に入り、一番高い値をつけた入札希望者が落札します。その後については通常の不動産売買契約と同様の手続きを行って完了するという仕組みです。

 

 オークション会社の選定については、不動産オークションを得意としている実績のある会社を選んでおくと良いでしょう。
 入札についてはインターネット上の不動産オークションサイトを使用して数日間入札期間を設けて行う場合が多いのですが、日時や入札会場を決めた後で公開入札によって決められる場合もあります。

 

 ここで気になることとしては、自分の家を競売にかけるときなどに不動産オークションを使用して果たして売れるのかという不安を抱える人も多いことでしょう。

 

 落札率についてですが、高い水準にはあります。ただ、都市部の物件と地方の物件とでは差が見られることが特徴となることを留意します。都市部の場合では、落札される可能性がより高い傾向にありますが地方の場合においては落札されにくい傾向があります。
 もしも、売れなかったときにどうすればよいのかについてですがもう一度出展をしておくのも一つの方法ではあります。その場合には、競売の際に価格が下げられてオークションにかけられることになりますのでオークションに出すメリットがあるとは言い切れない面もあります。
 ただ、オークションの会社によっては物件を買い取ってくれる場合もありますので、オークション会社に買い取ってもらうことも一つの方法といえます。