一戸建てを売るのか賃貸として貸すのかどっちが得?

 

一戸建てを売るのか賃貸として貸すのかどっちが得?

 

一戸建てを売るのかまたは賃貸として貸すのかどちらがよいのかは今後のライフプランによって大きく異なってきます。売却資金や家賃収入を何に使うのか、これからの売買市場動向や賃貸市場動向などを総合的に判断して決定することが重要となります。

 

とくに近年の核家族化や単身者の増加、少子高齢化などにより住宅を取り巻く環境は大きく変化しているほか、金利の安い一戸建てや新築マンションが次々と分譲されていっていることも考慮しなければなりません。

 

一戸建てを売ったほうがよいケースは経年による戸建ての劣化がひどい場合や住宅ローンがまだだいぶ残っている、今後その家に住む予定がないといったケースでは売却してしまったほうがよいかもしれません。また駅から遠いなど交通に不便があり今後もその土地の値段の上昇が望めない場合も売却を検討したほうがよいでしょう。

 

反対に一戸建てを賃貸として貸すケースでは毎月賃料が入って来て安定した収入を得ることができると考えがちですが賃貸は税金や管理料など意外と出費が多くなってしまうこともあります。また継続して入居者が利用してくれれば良いですがその保障はなく、入居者が途絶えてしまうと家賃収入は得られなくなってしまいます。

 

しかしその期間も税金を支払う必要があるだけでなく、自宅の修繕や改修費用、さらには入居者が入れ替わるたびにハウスクリーニングを行わなければならないなどなにかと出費は大きくなってしまうのです。一戸建てを売りたい場合は売主のタイミングで売ることができますが、賃貸の場合は貸主の都合で入居者を退去させることができないことも知っておかなくてはなりません。

 

住み慣れた我が家を一度手放してしまうともうもとの状態に戻ることはできないため、いずれまた住みたいといった場合には定期借家制度で期限付きの契約を結ぶことで貸したい期間を制限することもできます。いずれにしても一戸建てを売るのか賃貸として利用するのかは今後どのような生活を送っていくのかによって大きく左右されます。