不動産投資で節税?

 

節税のための不動産投資の解説

 

出来るだけ支払う税金を安くしたい、そんな時におすすめなのが何かを購入する事です。

 

その一つが不動産投資で、実際に職場で払っている所得税も不動産投資を行えばそれに関する費用を経費とする事が出来るので、結果的に節税となるという仕組みです。

 

特に税金が安くなったと感じやすいのは、新築物件を購入した都市です。この時は、不動産を購入する為に沢山の費用が必要となり、それらをすべて経費とする事が出来れば、節税対策には一役買う事になります。

 

勿論固定資産税やその物件の修繕費用、火災保険料なども経費として計算する事が出来ます。ただ、利益が出ているとその分は税金が発生してしまうので、充分注意する必要があります。

 

例えば、個人が不動産投資を行う場合、簡単に節税したいと思ったら赤字を出すことが最も手っ取り早い方法だと言って良いでしょう。例えば、不動産投資によって100万円の赤字が出た場合、既に職場では自分の給与所得に対して納税を行っているのですが、本来は赤字分を取り除いだ通算書時に対して納税を行う必要があります。

 

つまり、年収1000万円の人の場合、職場では1000万円に対して納税を行っていますが、通算所得は赤字分を引いた900万円となっているためその文に対して所得税を払えば良いと言う事になります。

 

また物件を購入する時には購入費用を一括で経費として計上するわけではありません。減価償却費と言うのを考え、それを計上していく事になります。

 

とはいっても、不動産投資では利益を得たいと思っているのに、わざわざ赤字を出したいと思う人はいないでしょう。重要な事は、節税の額以上に赤字を出さないようにすると言う事です。その重要なポイントが減価償却費です。

 

従って、不動産投資を行う場合はどのような物件を購入するのか、また今後はどのような感じになって行くのかという事をよく考えてから行うと、より節税効果が高く期待できるようになると言っても良いでしょう。