不動産投資するなら、やっぱ東京?

 

不動産投資で東京の新築が人気な理由とは?

 

不動産投資で、現在高い注目を集めている地域としては東京を上げることができますが、その大きな理由としては人口の流入があり、全国的には減少となっている地域が多く存在しているのに対し首都圏では増加となっています。特に東京圏は1の増加率を誇り、それは、不動産の流動性の高さを意味することになるために投資をする上においても大きなメリットとなります。

 

不動産投資には、方法としては現物の購入が広く知られていますが、ここでは、新築物件で行う場合と中古物件で行う場合の2つがあります。中古物件の場合には、初期投資を抑えることができるために条件が良い場合などではハイリターンを期待することができますが、購入当初から修繕費が発生する可能性が高く、場合によっては大規模修繕費が必要になるなどリスク面においては高くなることがあります。

 

東京の不動産投資で新築物件が勧められる理由としては、まず、低リスクで安定収入が見込める点があります。新築の場合には建築から数年間はリフォームや大規模修繕といったリスクがなく、耐用年数から見た場合でも中古よりは当然長くなるために、利回りが同程度であればその分長期的に安定した収入を得ることができるようになります。また、新築の場合には家賃保証に関しても有利な条件で付けることができ、他には空室リスクを下げることも可能となります。

 

2つ目としては融資面があります。新築不動産投資は中古で行う場合に比べ融資を受けやすい面があり、特に実績のある新築専門不動産会社からの紹介の場合には融資が通る確率が大きくなります。また、低い金利が適用されることも多く、好条件で資金の調達をすることができます。

 

3つ目の理由としては物件に対する自由度を上げることができます。新築で行うために間取りや色などに関して自分の好みで行うことができ、市場のニーズを組み入れた建物を建てることができます。ニーズを組み入れることで選んでもらえる可能性が高まり、結果として空室リスクを避けることができるようになります。