サブリース(空室保証)とは???

 

不動産投資のサブリース(空室保証)の保証内容とは?

 

不動産投資は、継続して想定する家賃収入を得ることができれば、とても魅力的な資産運用の方法です。しかし、継続して家賃収入を得る、というのは簡単ではありません。賃貸住宅には常に空室リスクがつきまといます。入居者さえいれば、家賃や入ってきてそこからローンを払うこともできますが、空室になると途端に収入はゼロです。収入がなくてもローンは払わなくてはなりませんので、投資をしているつもりが持ち出しになってしまいます。空室リスクを恐れて不動産投資を躊躇う人がいても不思議はありません。

 

こうした空室リスクを心配することなく、安定収入を得られるシステムがサブリースです。サブリースは、本来は不動産を別の会社に貸し、その会社からリース料をもらうことです。入居者を確保するのも管理するのも貸している会社、ということになります。しかし最近は、空室保証のサービスを総称してサブリースと呼んでいます。必ずしも別会社にリースするわけではなく、オーナーでありながら、空室になっても一定の家賃の保証を受けられます。もちろんサブリースを利用するにあたっては、一定の手数料を支払う必要があります。

 

しかし、空室リスクを考えると、手数料を払っても家賃保証を受けたいと考えるオーナーは多くいます。確実に毎月収入を得たいなら、検討の価値はあるでしょう。

 

但し、サブリースの保証内容は会社によっていろいろです。新築時の高い家賃のまま何年も保証してくれるわけではありません。家賃は当然見直しがありますし、一定期間の免責がある会社もあります。契約更新は2年ごとが一般的で、更新時にサブリース会社が提示する保証額を承諾しなければ、サブリース会社から一方的に契約を解除できるような内容になっていることも珍しくありません。

 

このように、サブリース会社に有利な内容になっていることが多いことは覚えておきましょう。サブリース会社が儲かる仕組みになっていることは言うまでもありません。しかし、家賃滞納者に対する取り立て等もしてもらえますので、メリットが多いことも確かです。