一戸建て査定価格はどうやって計算される?

 

『一戸建て住宅を売る前に』査定・売却のコツを知ろう!

 

一戸建ての査定をする際にまずチェックされるのが築年数です。古い物件ですと建物としての耐用年数が低くなっていますし、またあまり需要がありません。ある程度の古さは許容されますが、長く時間が経過しているような建物ですと資産価値は低くなります。

 

比較的価値が付き易いのは15年以内の建物とされており、20年を超えているような物件は不人気になりますので、価値は極端に付き難くなるのです。ただし築年数のわりに綺麗な状態だったりするとプラス評価になる可能性もあります。

 

十分な強度があるかどうかもポイントです。しっかりと補強がされている一戸建てですと評価が高くなりますが、反対にあるべき補強が成されていなかったり、クラックや雨漏りなどが確認できるような状態ですと評価はがた落ちになることもあります。

 

使い勝手の良い間取りかどうかもチェックポイントです。実際に住んだ時に使い勝手の悪い住宅は不人気ですので、間取りに特徴があると不利になります。その一方でよく考えられた設計だったり人気のバリアフリーですと価値が高くなることもあるのです。

 

なお一戸建ては単純に建物だけで評価が決まるのではなく、他にもいくつかのポイントをチェックして総合的に価値を決めます。
例えば生活環境が良い場所かどうかも重要です。いかに価値のある一戸建てだろうと環境が良くないようですと価値は低くなる可能性が高いと言えます。

 

評価が高くなり易いのは電車やバスなどに乗り易い位置だったり、子供が遊べる公園などが近くある場合です。反対に川があったりすると子供に危険があるという理由でマイナス評価になることもあります。

 

土地の形状も重要になってきます。土地は必ずしも四角という訳ではなく、中には先細りになっていたりいびつな形だったりもしますが、形の良くないところは評価は低いです。その為、仮に隣りの物件が高価格で売却されるようなことがあっても、自分のところは土地としての魅力が低いということで価値が下げられてしまうこともままあります。

 

>>マンションを売却する予定の方はこちら

一戸建てを売るには大手不動産会社?それとも地域密着型?

 

『一戸建て住宅を売る前に』査定・売却のコツを知ろう!

 

不動産を売るには知っておきたいことがたくさんあります。
一戸建てや、その他の所有物件の売却を検討するときには、全体的な流れを把握しておけば、スムーズな取引が行えます。不動産の売却は、一生のうちに何度も経験できるものではありません。

 

ご自宅の一戸建ての物件などの不動産を売却する理由は、「家族が増えたから・減ったから」「環境を変えたいから」とか、経済的な理由から、「もうちょっと大きな家・小さな家」にしたいなど、なぜ不動産売却する必要があるのかをもう一度考えるとよいでしょう。

 

また、売却する際の条件を自分なりにリストアップしておくのも良いことです。そうすることで、売却したお金で新居のことについて具体的に計画することができます。そうして、売却する決心をつけたら、物件周辺の相場を知るため調査します。独自で調査しながら、信頼できる不動産会社を見つけなければなりません。ですから、複数の不動産会社に依頼して物件価格の査定をしてみましょう。このとき、名前に聞き覚えのある大手不動産会社や、その地域に密着した不動産会社両方の査定をとることが理想です。大手不動産会社と付き合った方が、購入希望者が見つかりやすいというイメージもあるかもしれませんが、あなたの売りたい一戸建てが都市部にあるか郊外にあるかなどの条件によって、得意不得意があるので一概にはいえないためです。

 

信頼できる不動産会社と出会えたら、売買の仲介の依頼をします。媒介契約には種類がありますので、自身の希望を踏まえて不動産会社と契約を結びます。複数とった査定額を参考に売り出し価格を決め、購入希望者が現れたら、交渉となりますが、そこでは、価格などの条件をもう一度整理し譲れる点と譲れない点をはっきりさせておきます。

 

実は、契約締結後のトラブルは非常に多く、そういったトラブルを防ぐため、物件に関する資料や情報はすべて提供してください。
売ろうとする一戸建てに「瑕疵」があるときも、事前に伝えておきます。双方の条件が合えば、売買契約となり、代金の支払いと同時に引き渡しを行います。一戸建て売却を検討している方は慎重に不動産会社を検討することをお勧めします。

一戸建てを売るのには買取と仲介の2種類の方法がある?

 

『一戸建て住宅を売る前に』査定・売却のコツを知ろう!

 

一戸建て住宅を所有されている方が、後に売却を行うことを希望する場合もあります。住み替えを希望していて、新しい住宅を購入する方や、遠方に引越しを行う必要が出てしまい、これまで居住してきた一戸建て住宅に住み続けることができなくなるような方もいます。

 

どのような理由であっても、一戸建て住宅を売る場合では、個人売買を行う方法では知人などで買取りを行う方などがいない限り、非常に難しい状態にあるということができます。

 

そのため、多くの方々が売買を行っている不動産会社に依頼をして、一戸建て住宅を売ることを行っています。一戸建て住宅を実際に売る場面で、不動産会社を利用する方法でも、大きく分けると買取りと仲介の2種類の方法が用意されています。買取りの場合ではそのまま物件の査定が実施され、不動産会社が提示した金額で買取りを行って、所有者に現金の支払いを行う方法です。この方法であれば早急に資金を得ることを希望している方や、直ぐにでも売却を行って、身軽な状態になりたい方などは向いている売却方法になります。

 

しかし、一般的には買取の方法では査定額が低くなってしまう可能性が高くなることでも知られており、その理由としては買取った物件に関しては不動産会社が改めて購入希望者を募ることになり、その間に費やす時間や経費などを考慮していることになります。一方で仲介の方法では査定が実施された後に、所有者との話し合いで売却額を決める方法が一般的です。仲介になることから実際に売却するには、購入希望者が現れることを待つことが必要です。

 

この方法では買取りと比較すると売却額を高めに設定することができるメリットがありますが、実際に購入者が現れるまでの期間などを予測することができないので、場合によっては半年や1年などの時間を費やしてしまう可能性があります。

 

仲介の場合では不動産会社に一定の仲介手数料を支払う方法になり、宣伝なども任せることができるメリットもあり、一戸建て住宅を売る際には両方のメリットやデメリットを把握しながら決めることが何よりです。

 

マンション査定の前に

住み替えのための一戸建て売却に成功するポイントは?

 

『一戸建て住宅を売る前に』査定・売却のコツを知ろう!

 

愛着あるマイホームも家族の形の変化に応じて徐々に、住みにくくなってしまうことがあります。
そうした際に行うのが住み替えです。

 

住み替えをされる方は次に住む新居をさがすと同時に、今住んでいるマイホームを売却する必要があります。
資金繰りなどの問題もあり現在住んでいるマイホームの売却がスムーズに行くことが住み替え成功の重要なポイントとなります。
そのためにも一戸建てマイホームを住み替えを成功させるために、あらかじめ余裕を持ってマイホームを売ることが大切です。
買い手が現れるタイミングはそれぞれですから、売り出してすぐに売れるとも限りません。

 

次に住む新居が決まっても今住んでいるマイホーム売却ができなければ、購入資金も難しくなってしまいます。
そのため早めにマイホームを売り出すことで、余裕を持った準備ができるのです。
このように早めにマイホームを売りに出すことのメリットは他にもあります。
それは売却価格が安定するということです。

 

マイホームを高く売却するポイントは売り急がずにじっくりと構えるということです。
急いで売却したいという気持ちが買主に見えてしまうと、足元を見られて買い叩かれてしまう可能性がありますが、納得の価格でないと売却しないという姿勢を崩さなければ、売却価格の値崩れを防ぐことができます。

 

このように早めに売り出して、売り急がずにゆっくりと納得の価格で購入してくれる買主が現れるまで待つことができる余裕があれば、愛着あるマイホームを安定した価格で売却することができるのです。

 

こうして今住んでいるマイホームを売却に出している間に次に住む新居を探すのが住み替えにちょうど良いタイミングと言えるでしょう。
今住んでいるマイホームが早めに売れてしまい、次の新居が見つからない場合には仮住まいなどをする必要もありますが、納得の価格での売却をし、さらに新居も妥協なく探すことを優先するならこうした仮住まいも有効と言えるでしょう。

一戸建てを高く売るために内覧は大事?注意事項は?

 

『一戸建て住宅を売る前に』査定・売却のコツを知ろう!

 

誰だって、マイホームとして大切にしてきた一戸建てを売る時は、少しでも高く売りたいと思うはずです。しかし買う側としては、少しでも安く買いたいと考えます。今は売る立場であっても、住み替え先を購入する立場になるとわかるはずです。相場よりも高いなんて論外、いくら気に入っても、できれば相場よりも安く買いたいと思うでしょう。

 

そんな中で、少しでも高く買ってもらうためには、売主としての努力が不可欠です。一戸建ては、立地、築年数、敷地面積によって、大体の相場は決まっています。相場からかけ離れた高い値段ではまず売れません。それは理解した上で、相場の範囲内で高く売ることを考えましょう。

 

例えば2000万〜2200万円が相場だとすると、2200万円で売れれば高く売れたことになり、成功です。それ以上は望んでも無駄です。あまり欲を出すと、高く売れないどころか安くても売れない、売れ残るという最悪の事態になり兼ねません。相場の範囲内で、さらし物件にならないうちにさっさと売ってしまうのが賢明です。

 

では、どうすれば高く売れるのでしょうか。相場に幅があるのは、物件ごとに特徴があるからです。同じ築年数の一戸建てであっても、家の中が散らかっていて壁紙や水まわりが汚いとなると、印象が悪くなります。築20年と聞くと、買う人も汚れや傷みは覚悟していますが、想像よりもずっときれいなら印象はグンと良くなります。つまり、第一印象が非常に大事であり、その第一印象を決めるのは内覧です。

 

購入希望者は、購入するとなると今ある家具や玩具は全部なくなり、空っぽになることは頭では分かっています。それでも家の中が乱雑だと買う気にはなってくれません。住んでみたい、と思えるような清潔感を出さなければなりません。中にはもう手放す家だから、と愛着がなくなり、掃除もろくにしない人もいるかもしれません。しかし売れるまでは、そんなことではいけません。

 

内覧の時は特に念入りに掃除をし、カーテンを開けて明るく見えるようにしましょう。日当たりの悪い場所は、昼間でも電気をつけておきます。水まわりは特によく清掃しておくことが大切です。